こんにちは、Awakeの猶原真由美です。

 

久々の日曜日のヨガ練、再開です。

もちろん、3密を避けて感染予防に取り組んでおります。

麻美先生もマスク姿。

やはり、優しいアジャストメントを受けると体も動きます。

そして、口数も少なく撤収いたしました。

早く、気兼ねなくヨガができますように🙏

 

さて、

有効な治療薬やワクチン💉が未だ開発されていない今、頼みの綱は自己免疫力なのでしょう。

しかしながら、

一朝一夕でアップすることも、残念ながらありません。

食生活🥗や睡眠🛏もとても大切。

でも、

何より必要なのは体温🌡を上げておくことなんだと思います。

そのために、ヨガの呼吸は大変有効です。

 

アシュタンガヨガの呼吸はウジャイ・プラーナヤーマと呼ばれています。

ウジャイとは「広範な勝利」。

プラーナは「息、呼吸、風、生命力、大気の隠されたエネルギー」など、さまざまに定義されています。

ヤーマとは「抑制」です。

 

この呼吸は、喉の奥の声門部位を軽く収縮させて行います。

この収縮は深く響く音を生み出し、それが横隔膜の動きを高め、背筋を伸ばします。

また、体内の熱を作るのに役立ちます。

有酸素運動をしているわけでもないのに、汗が出るのはそのせいなんです。

つまり、深部から体が温まってくるということです。

 

本日の私の深部体温は37.1℃。

深部体温なので、正常値です。

微熱があるわけではありません、念のため。

 

免疫力アップのため、ヨガを取り入れるのもオススメです💚

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

では、またあした👋