こんにちは、Awakeの猶原真由美です。

 

5月もきょうで終わりですね。

混乱のひと月。

まだ、ひと波乱ありそうな予感、、、

でも、季節はちゃんと移り変わっています。

紫陽花の蕾がほころびかけていました。

 

さて、きょうはヨガのお話です。

『シャバーサナ』について。

屍(しかばね)のポーズです。

 

様々な解釈があるんですよね。

「練習の最後に行われるリラックスポーズ」と思っている人が多いみたいなんですが、、、

アシュタンガヨガではシークエンスの途中で行います。

リラックスポーズなどではなく(アシュタンガヨガにリラックスポーズはありません)、力強いポーズなんです。

 

では、麻美先生に見本を、

足を揃えて仰向けになります。

カカトを突き出してつま先は天井に向けます。

両腕は体側にしっかりとつけます。

軽く顎を引いて、目線は鼻先を見ます。

力強く5呼吸します。

(練習中はマスクは外して大丈夫です)

 

「これ、なんで屍なの?」

「死体って硬いからじゃない?」

「あぁ、死後硬直が始まってるってことか」

などという、不謹慎極まりない会話があったことを告白しておきます🙇

 

ですから、練習の終わりには、

休息しましょう。

身体を冷やさないようにソックスを履いたり、ブランケットを掛けても構いません。

一番、リラックスできる姿勢になりましょう。

寝てしまってもいいんですよ。

 

この時、体が開いていくのが感じられるかもしれません。

深い瞑想状態に入っていくこともあります。

これこそがヨガの恩恵なんです。

 

アシュタンガヨガは心も身体も覚醒しますから、

朝、行うのがベストです。

そして、月曜日に備えてリフレッシュ!

 

是非、ご参加ください。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました🐌

 

では、また👋