こんにちは、Awakeの猶原真由美です。

 

そろそろ猛暑も一段落ついた感じでしょうか?

ほんの少し日が暮れるのも早くなってきたようです。

そして、スーパーの店頭には梨🍐や葡萄🍇が並び始めました。

 

さて、

きょうは『背骨』についてです。

 

わたしたちの背骨は横から見ると、

このように、キレイなS字カーブを描いています。

頸椎は前に(前弯)、胸椎は後ろに(後弯)、腰椎は前に、そして骨盤は後ろです。

特に、

腰椎の前へのカーブは、二本足歩行をする人間の特徴なんです。

人間と近いはずのサル🐒にもありません。

 

では、なぜカーブが必要なのかというと、

ひとつは、立って歩く時に重心を前に移動させるため。

 

そして、

もうひとつの理由は、衝撃を分散させるためです。

 

仮に、背骨が真っ直ぐだとしたら、

歩くたびに重い頭の衝撃が、ダイレクトに背骨にかかってしまいます💥

 

また、背骨は小さな椎骨が集まって構成されています。

ひとつひとつの椎骨は連動して滑らかに動くようになっています。

 

ヨガのポーズでも背骨の柔軟な連動性は大切です。

 

では、背骨の動かし方をご覧ください。

きょうは、麻美先生にお願いしま~す。

 

まずは、

このように体を丸くします。

 

最初に、

骨盤を起こします。

頭は下げたままです。

 

次に、

腰椎を起こします。

 

そして、

胸椎が起きてきます。

 

最後に、

頸椎を起こします。

 

簡単なように見えますが、実はなかなか難しいんです。

 

普段、わたしたちは背骨を意識して動かしていません。

ですから、一本一本スムーズに動かすことは至難の業。

 

はじめは、ぎこちない動きになるかもしれません。

でも、やっているうちに徐々に慣れてきます。

 

もちろん、ヨガだけではなく日常生活でも必要です。

 

腰や首を守るためにも背骨の滑らかな動きを取り戻しましょうね。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました🌰

 

では、またあした👋